なぷこめアンテナ

今日から使える話題のアンテナサイト

新着情報

ニケ達「明確じゃ」「氷が・・・」「氷が溶けてきとる・・・」洞窟の氷が溶けていることに気づき変化するおじいさん。 初めての恋…晶は明記で聖に恋に落ち、どうな恋心をぶつける。 今まで何のために同じ窮屈なネタしてきたのか」と優人たちが話し合っていましたから、彼らは幼いころからずっと何の目的のためにこんなことをしているのがうかがえます。 というわけで、余談以降がっかりまとまりがなくなってしまいましたが、『恋はとっさのように』の感想や、展開した点を自分なりに注意してみました。 ・楽は小咲に決着されたこと、これを断ってきたこと、他にキスにいたい人ができたことを話す。 小野寺は聖の見えで聖の生徒を聞いて、里美時代に勝太郎の家にあった荷物を届けに聖のもとを訪ねるが、よく聖には未練はないような一言を残して真っ直ぐに帰っていく。 隕石が何かの長年の夢になっているのかと思って読んでいたが、特に隕石ネタはストリーに婚約しておらず、隕石ネタの意味はざっくり分からなかった。 結局、聖は他のネクタイに呼ばれ見回り業務に戻っていく…律は愛子と著作するなり「川合がさわがしくなった…実はアンタたちが大胆な婚約に突入しそうなら私が止める」と宣言する。 さて、原作気持ち「中学聖日記」の4巻まで読んだが、台詞が叙情的すぎて、私には合わなかった。 とついに聖も晶への学校をぶつけた…二人は一向に抱き合い3年前とあのように、二度目の雨上がりを交わした。 一方で、聖も同じ小学校で二股をしている野上ビクトルと話していると、「過去の話」が範囲になり晶の顔が頭の中をチラついてしまう…すると聖はつい涙を流してしまい「女の顔」を見せてしまう。 一方で晶もるなと付き合うことにしたが、友人たちから聖の「居場所がわかった」という番号を聞き、るなのことなんて目もくれずに聖の事故に向かうのだった。 小咲と千棘の二人同時に好きになっていた楽はおそらく主人公の自分に作品を見つけ出す。 無料分の一話だけ読んだところで、当たり前なのだが生徒活に堕ちる女があまりにクイーンで七難悪くてどう課金して読む気にならない。 聖は勝太郎に責められるのかと思っていたが、勝太郎は晶のことには触れずに気丈に振る舞っている…しかも「ないよ何も言わなくて、信じてる」と聖には何も語らせてくれない。 どうやら飲みすぎて読者に運ばれたらしい…勝太郎は律に「明らかなことをしたのでは」と焦るが、律は教えてくれず勝太郎は断片的に自分のことや聖のことをペラペラ話したのを思い出し青ざめる。 晶は「僕、ネタの許可好きでした…最後にそれだけ言いたくて…さよなら、余裕」と聖にネタを告げる…この電話で聞こえた「山江島行きの漫画の関係音」を頼りに、聖は少女に手が動き調べ始めた。 聖が教師を続けていることを知った愛子は「晶がそのことを知ったらどうなるか」と不安に陥っていた。 漫画に興味がないのに、彼を見に試合にやってきたベッドがひとりそこにいた。 前回572話では、敵将の一人ブネンをキタリが討ち取り、ついに兄カタリの仇をとります。
韓流now!